INTERVIEW
スタッフの声

作業療法士
横戸 祐也

入社
2021年
所属
朝霞中央クリニック
訪問リハビリテーション
作業療法士 横戸 祐也

【作業療法士】という職種に興味をもったきっかけは何ですか?

リハビリの仕事に関しては、親戚に理学療法士がいた事から知りました。興味を持ったきっかけは、高校の職場体験で理学療法士と作業療法士のお話を聴いて、その活動場面の見学をした時でした。その時、ADL室でその人の身体に合わせた方法で調理練習する場面を見た事や、「その人に寄り添い、その人らしさを大切にしながら生活をサポート出来るのは作業療法士である」と聞いた事がきっかけです。

実際に働いてみて、仕事や環境はどうですか?

退院直後から終末期まで、また、幅広い疾患を担当する為、作業療法士としてその人の暮らす場所、その人らしい生活を考える機会が増えました。経験の少ない疾患もありますが、リハビリテーション医や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がそれぞれ在籍しており、相談しながら業務を進める環境はできています。そして、リハビリ会議での話し合いや、他職種に同行してもらい一緒に考える事が出来る環境があり、毎日刺激をもらっています。私自身まだ小さい子供が2人いますが、急な対応もみんなでサポートし合えており、子育てと仕事の両立も行いやすい環境だと感じています。

やりがいを感じるところはどこですか?

作業療法士 横戸 祐也

自分がその人に寄り添えたことで、「〇〇がで出来るようになったよ」、「〇〇へ行ってこれたよ」などの、その人が諦めていたこと(本当はやりたかった真の目標)の達成を共有できた時です。

求職者(就活中)
の方へ一言

〃その人らしさを大切に在宅生活をサポートすること〃をベースに考え活動する訪問リハ事業所です。
療法士としては、より専門性も発揮しやすいと思います。
また、私自身は訪問自費リハビリの立ち上げをしていますが、このように臨床内容以外でも、これまでの経験を活かしたチャレンジも応援、サポートしてくれる環境は整っていると自信を持って言えます。
見学もやっているので興味を持たれた方、是非一度見に来てください。

インタビュー一覧

Interview